空港の国営と民営の違いはどのようなものか?

空港は基本的に国営?


羽田や成田など、空港は日本国内においていくつかありますが、基本的には、国などが運営する、国営の空港が多いです。しかし近年では民営の空港や、現在国営の空港を民営化する動きも増えています。どちらの場合でも利用者にとって特に大きな違いがあるというわけではありませんが、何かと融通が利く部分や、それぞれにメリットやデメリットは存在します。
例えば国が運営をしている場合は、着陸料などが予め決められていますが、民営の場合は運営している企業が独自に決めることができます。そのため、着陸料などを自由に決めることができ、航空会社が負担する費用を安くすることによって便数を増やしたり、新規航空会社の参入など工夫することができるでしょう。場所によっても異なりますが、民間営業の場合は、基本的に航空会社が国から買い取りをするという形が多いでしょう。しかし自由度が高い反面、なかなか元を取ることが出来ず、経営が難しいと感じている場所も多いようです。その点国営の場合はある程度補助金が有る分、安定した資金繰りをすることが出来る傾向があるでしょう。こちらももちろん場所によりますが、その分物販などを自由にやることが出来る民営もありますので、プラスマイナスゼロと考えている所も少なくありません。
このように、一長一短であり、両者ともに甲乙つけがたいと言えるため、致命的な違いがあるとはいえないでしょう。強いて違いを挙げるとするならば、自由度が比較的高いのが民営、安定した質があるのが国営の空港というイメージを抱いている方は少なくありません。発着する便も場所によって異なりますので、旅行先に合わせて、その都度利用する場所を変えている方がほとんどでしょう。いずれにしろ、快適さには大きな代わりは無いと言えます。

成田空港は民営


民間営業の空港の中でも最もメジャーとなところが、成田空港です。歴史的背景もありますが、国内で元祖の民営スポットとして知られており、国内外を問わず、日々多くの方に利用をされているでしょう。そんな成田ですが、民営ならではのメリットがあることでも知られています。
例えば、お値段に関してです。航空会社によって利用の料金は一任されている事が多く、利用する会社同士を比較して、よりお得な便を利用する事が可能です。もちろん破格の値段という事は滅多にありませんが、よりお値段を抑えて利用できる可能性が高いと言えるのが、民間ならではの特徴と言えるでしょう。また搭乗料金のみでは無く、駐車場料金や、内部の店舗の料金など、自由度が高い点が特徴です。お土産もお店同士を比較すると、値段が異なる場合がありますので、是非ともチェックをしてみましょう。
様々なお店が並んでいて、早めに行っても楽しむ事が出来る点も、成田の特徴だと言えるでしょう。国営でも同じかもしれませんが、民間の場合は特に、自由度が非常に高く、自分たちの判断でお店を導入することが可能です。そのため、空港デートに訪れるカップルも多く、レジャー感覚で楽しむことが出来る点も大きな特徴だと言えるでしょう。
もちろんメリットのみでは無く、デメリットに悩まされている航空会社もいくつかあるでしょう。ですが、お得に利用できる部分や、成田ならではの利用しやすい部分も多くありますので、非常に重宝されています。今後も民間だからこそ成長が期待できる部分もあるといえますので、利用者は増加をしていくでしょう。

国営と民営で何が変わるのか


国営と民営と言えども、同じ空港ですので、ほとんど代わりが無いと感じる方も少なくないかと思います。確かに、どこの会社が運営しているのか、国が運営しているのかは、一見重要なポイントに感じるかもしれません。ですが利用の際にはそんなことを知らなくても、楽しく搭乗する事が可能です。料金の違いや向かう場所の違い、内部の違いなど多少はありますが、利用する分には何の問題も感じないでしょう。ちょっとした違いはそれぞれあるものの、基本的に何ら変わりはありませんので、どちらを利用する際にも、安心して利用をして下さい。
元々空港は当初、国が運営しているものしかなく、全て国営のみでしたが、利用者のニーズの増加に伴い、民間にも依頼をせざるを得なくなったと言う経過があります。民間に依頼をしたからこそ、近年の旅行ブーム、利用者の増加に対応することでき、現在も、航空会社の多くの経営が成り立っています。
万が一国営のみだった場合、規模が縮小せざるを得ないような事態に陥って居たかもしれませんので、歴史的背景を考えると、非常に重要なターニングポイントと言えます。お互いがお互いを支え合い、それぞれの良さを取り入れ合っているからこそ、お互いの経営が成り立ち、日々、多くの方に利用され続けて居ると言っても過言ではありません。
このように、国営にしろ民営にしろ、様々な時代背景、特徴があるからこそ今があるという部分が多くあります。いずれもメリットやデメリットはありますが、今後も多くの方が利用する事に変わりは無いでしょう。